North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

お問い合わせ・・・デキズ
at 2017-03-24 16:56
NFX受注開始のおしらせ
at 2017-03-20 11:43
スイムベイト
at 2017-03-20 08:55
自重わずか123g
at 2017-03-14 15:41
Ready To Ship
at 2017-03-11 14:12
ソフトウェアアップデート
at 2017-03-04 11:03
3/4オンスのダブルウィローで
at 2017-03-01 18:32
マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37
ACR73MH受注開始のおしらせ
at 2017-02-23 11:17

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

2ポンドライン用

昨日工場から「2ポンドライン用にデザインしたトラウト&スチールヘッド用ブランクがあるんだけど、日本で欲しい人いる?」との連絡を受けました。日本のトラウト・フィッシングと言えば、主流は、ミノーイング。故に、張りのあるブランクがマストだと思うので、とりあえず「ちょっと思いつかないなー」と、回答したものの、もしかしたら凄いアイディアを持った人がいるかもしれない・・・と思い、本日のブログで取り上げた次第です。

パーツナンバーは、日本未発表のFW701-1とStN 1161。FW701-1は、Fresh Waterシリーズの一つで、7フィート、Ultra Lightパワー、ルアーウェイトは、1/32-1/8、テーパーは、Fastです。1ピースです(長っ!)。StN 1161は、Steel Head Noodle(スチールヘッド・ヌードル)シリーズの一つで、11フィート6インチ(長っ!)、Ultra Lightパワー、ルアーウェイトは、1/16-1/8、テーパーは、Slowです。安心して下さい2ピースです。

初耳の方が多いと思うので、「ヌードル・ロッド」についてちょっと解説します。「ヌードル・ロッド」とは、Float and Jigメソッドに使われるロッドで、ちょうど1/16から1/8程度のラウンドタイプのジグヘッドを使うためのものです。ジグヘッドには、ソフトベイトではなく、ピンクや赤のマラブーなどを巻きます。つまり、フェザージグです。これにFloat、つまり、「ウキ」を付けて、川底を舐めるように転がしながらスチール・ヘッドを誘う、アメリカ西海岸では超メジャーな釣り方。丁度、フライフィッシングで言う「ルースニング」みたいなものです。

2ポンドラインである必要性は、ドリフトの質を高めるためです。糸が細ければ細いほど、フェザージグは、よりナチュラルに川底をドリフトすることになります。特に、水位が下がった状態では、魚の警戒心が高まりますので、このドリフトの質が釣果を大きく左右するのです。

2ポンドラインにより、ドリフトはナチュラルになるのですが、ラインが細くなった分、ランディングに苦労することになります。スチールヘッドは、フッキング後、ダッシュやら、ジャンプやら、首振りやらを繰り返すので、それらをかわして無事ランディングするためには、ショック吸収力に優れたプログレッシブで、スローなテーパーが求められます。結果、この釣りのためにデザインされたロッドは、長くて、そして、とても柔らかなまるで麺のようなロッドとなり、それを「ヌードル・ロッド」と呼んでいるのです。

ゲイリーの7つのエピソードでも取り上げましたが、この「ヌードル・ロッド」の有効性にいち早く気付き、製品化したのが何を隠そうGary Loomis。最近では、2ポンドラインが標準?なんだとか。こんなブランクに興味がある方、いらっしゃいましたら、以下までお知らせ下さい。今なら1本から取り寄せ可能です。

info@bluepeaks.co.jp

でも、この何とかして釣ってやろうという釣り人の欲って日本もアメリカも一緒ですね。これがあるから道具も進化する訳ですね。
by bluepeaks | 2011-05-07 19:26 | ブランク