「ほっ」と。キャンペーン


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

マグバス(その2)
at 2017-02-25 08:44
マグバス(その1)
at 2017-02-23 14:37
ACR73MH受注開始のおしらせ
at 2017-02-23 11:17
ご来場ありがとうございました!
at 2017-02-20 11:24
EPM
at 2017-02-16 17:36
J Custom 2.1
at 2017-02-15 17:45
ACR73MH
at 2017-02-14 18:12
NFX(part2)
at 2017-02-13 16:57
NFX (part1)
at 2017-02-10 14:31
インチ
at 2017-02-08 11:17

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

マグバス(その2)

前回の続きマグバスネタです。今こうして読み返してみると、やはり文字だけではちょっとわかりにくかったかと思うので絵を描いてみました。

a0183304_8304356.jpg


上の図のどちらもバット径は一緒です。そして、ティップ径も一緒です。違いは絞られ方です(ここについて言及していませんでした。すみません)。

で、上がマグバステーパーで、下がノースフォークコンポジットで言えばスピンジグなどで採用されているテーパーです。

マグバスがブランク全体がしなやかに曲がるのに対して、スピンジグの場合、曲がる部分がティップ側に寄っている、つまり、ティップアクションであることがわかるかと思います。もちろん、実際には、カッティングパターンだったり、素材の硬さ(弾性率)だったり、素材の組み合わせだったり、複数の要素の融合によって最終的なアクションが作り出されるので、そんなに単純ではないのですが、「マグバス」で言うところの「マグナムテーパー」の特徴を言い表せば、まぁこういうことです。
# by bluepeaks | 2017-02-25 08:44 | ブランク

マグバス(その1)

最近、自分でロッドをビルドするお客様が増えて来たように感じる今日この頃です。

で、そんなお客様達からまぁまぁ聞かれることがあるので、今日は、この場で取り上げてみることにしました。

それはタイトルにあるマグバス。

マグバスって英語で書けば"MAG BASS"で、この"MAG"は"MAGNUM"の"MAG"です。

だから、正式には"MAGNUM BASS"になります。

じゃ、そのマグナム・バスって何よ、って話ですが、実は、このマグナム・バスの後ろには言葉が隠れています。その隠れている言葉とは「テーパー」。そう、ブランクの物理的な形状を表現する言葉であるテーパーです。

つまり、マグバスとは正しくはマグナムバステーパーになります。これはマグナムテーパーのバス用のブランクという意味です。「バス用のブランク」については、解説の必要などないと思いますので、省きます。

で、やっとここからが本題です。

じゃ、マグナムテーパーって何だ?って話ですけど、マグナムテーパーとは、ティップ径とバット径の差が大きく違う物理形状からなるブランクのことです。ティップとバットのギャップが大きいことを「マグナム」と表現している訳です。

この例に限らず、アメリカ人の場合、ネーミングには必ずと言っていいほど、ちゃんとした意味を込めるので、言葉本来の意味を知ることで、その製品が生まれたバックグラウンドや必要性なんかも窺い知ることが出来るもんです。

で、話を戻すと、ティップ径とバット径の差が大きい、ギャップの大きい形状になるとブランクはどうなるか?ということですが、そのような物理形状のブランクの場合、ブランク全体がしなやかに曲がる、という特性を見せます。では、全体がしなやかに曲がることにより、釣り人的にはどう感じるか?というと、

例えば・・・

キャスティング時にはスィートスポットが大きいように感じたり・・・
フッキング時にはフッキングストロークに余裕を感じたり・・・
ランディング時には粘り、追従性の高さ、懐の深さを感じるたり・・・

するはずです。

a0183304_1435448.jpg


そんなアドバンテージをアングラーにもたらすテーパーデザイン、それがマグバスです。

こうして書くと必ず「バスって書いてあるからバス以外には使えないの?」と聞かれることがあるのですが、そんなことは全くありません。ソルトのジギングに使っているお客様もいます。トラウトロッドに使っているお客様もいます。そんなマグバスはとても汎用性の高いデザインになっています。

マテリアルの質もローリングの技術も今とは全く違う環境において、こうしたギャップの大きいマグナムテーパーブランクの製法をいち早く確立した功労者こそがゲイリー。今では各社からMBXXXというパーツナンバーの製品がたくさん出ていると思いますが、その全ての起源がゲイリーという訳です。

なので、まず最初の1本に迷ったらマグバス(MAG BASS)をお薦めしたいと思います。
# by bluepeaks | 2017-02-23 14:37 | ブランク

ACR73MH受注開始のおしらせ

ビッグレイクでのファーストムービングルアーの釣り全般を網羅するハイブリッドS2を使用したグラスコンポジットロッドACR73MHの受注を2月25日より開始させて頂きます。

以下スペックになります。

ACR73MH

Rod Length:7'3"
Material:Hybrid S2(S2 + IM layer composite)
Guides:FUJI製ガイド(チタンフレーム+SiCリング、ステンレスフレーム+SiCリング)
Power:Medium Heavy
Lure:1/4 - 1oz.
Line:12 - 20 lb.
Grip Length:26cm(リールシート接合部からエンドキャップまで)
Applications:Mid to Deep Divers, Spinner Bait, Chatter Bait, Swimming Jig, Soft Swim Bait
Attachment:Rod Glove社製NFCロゴ入りロッドチューブ
Price:41,000円(税別)

では写真で製品を紹介させて頂きます。

まずバットのデザインは昨年末にリリースした他のACRシリーズと同じデザインです。

a0183304_10455124.jpg


グリップ長はオープンウォーターでのロングキャストを想定し、26センチ。そして、今回はセパレートハンドルを採用

a0183304_10461538.jpg


グリップマテリアルは、コスト的にも頑張って皆様から高く評価頂いておりますハイグレードコルク

a0183304_10462641.jpg


バットエンドも他のACRと同じラウンド処理を施したEVA製キャップ

a0183304_10463589.jpg


リールを固定するフードリングはローカーボンフィニッシュのカーボンフード。そこにアクセントとして蛍光グリーンのスレッドを二巻

a0183304_10464784.jpg


ガイドは富士工業製を使用。バットガイドはステンレスフレームのSiCガイド

a0183304_10465662.jpg


ティップセクションにはチタンフレームのSiCガイドを採用。これはグラスファイバーの中でも最も軽い素材とされるS2グラスの特性を十二分に引き出すための選択

a0183304_1047548.jpg


そして、出荷開始は3月中旬を予定。

「またいつもの出荷時期変更があるんじゃないの〜」

という声が聞こえてこない気がしないでもありませんが、現在、生産を鋭意進めておりますので、目標ということで、お伝えしておきます。

気持ちは

なんとか春のクランキング祭りには間に合わせたい!

この一心でございます。
# by bluepeaks | 2017-02-23 11:17 | Jカスタム

ご来場ありがとうございました!

今回は予め余裕を持ってスタートしたものの、いつの間にか、いつもの通り何か何までギリギリのタイミングで進んで来たThe Keep Cast 2017も無事に終了致しました。ご来場頂きました皆様、お立ち寄り頂きました皆様、ご協力頂きました皆様、そして、企画進行した事務局の皆様、ありがとうございました。感謝です。来場者数も前年対比で10%以上伸びたとか。もはや展示会の枠を超え、お祭りですよね、Keep Castって。

ではまた来年!チャオ!

a0183304_1124934.jpg

a0183304_11242395.jpg
a0183304_11243245.jpg

a0183304_11252138.jpg
a0183304_11253033.jpg
a0183304_11253938.jpg
a0183304_11254868.jpg
a0183304_11255754.jpg
a0183304_112644.jpg
a0183304_11261217.jpg

# by bluepeaks | 2017-02-20 11:24 | イベント

EPM

EDGE便が無事今朝到着。

まったくいつもの事ながらギリギリのタイミングです。

a0183304_1635856.jpg


極東の島国に生まれ育った身としては毎回ハラハラドキドキなんですが、こうしたギリギリのタイミングばかりが続くと、怖いもので段々と麻痺してきます。かれこれメリケンと仕事をして20年近くが過ぎようとしていますが、その中でもノースフォークの連中はかなりギリギリの線で攻めてくるタイプ。だから、計画通りに物事が進まないとイライラしゃちゃう人なんかもう一発でクラクラ、ノックアウトですね。

で、こちらが土曜日から展示する予定のEDGE Pace Maker(エッジ・ペースメーカー)、通称EPMです。

a0183304_1645461.jpg


展示モデルは本日現在アメリカで販売されている以下のモデルになります。

EPM C 6103-1:6'10"マルチパーパスキャスティングロッド、ミディアムライトパワー
EPM C 735-1:7'3"マルチパーパスキャスティングロッド、ミディアムヘビーパワー
EPM C 736-1:7'3"マルチパーパスキャスティングロッド、ヘビーパワー
EPM CB 7104-1:7'10"クランキングロッド、ミディアムパワー
EPM CB 724-1:7'2"クランキングロッド、ミディアムパワー
EPM FC 767-1:7'7"フリッピングロッド、エクストラヘビーパワー
EPM S 6103-1:6'10"スピニングロッド、ミディアム・ライト・パワー

a0183304_16453170.jpg


リールシートにはアルプス社のテックスタッチ・グラファイト・リールシートを採用。トリガーの両サイドにウィンドウを設け、深く切り込みを入れることにより、サミングする親指とトリガーをホールドする人差し指の距離を近づけ、より繊細なサミングコントロール、キャスト時のリストの自由度向上、よりコンパクトなパーミング性を狙った設計。

a0183304_17102213.jpg


リールシート全体を細身に仕上げるだけでなく、リールのホールド性も高めるため、マシンカットのダブルナットリングを採用。さらに、テキサリウムウーブンのインサート(シルバーの部位)を採用するなど、個性と機能が際立つリールシートです。

a0183304_17104030.jpg


そして、アメリカンロッドのマストコンポーネントとも言えるフックキーパーを全機種標準装備。

a0183304_17125267.jpg


これまた昨今のアメリカンロッドらしい小さなバットキャップ。

と言った仕立てでございます。

クリフ・ペイスがエリート戦を戦うためにブランクからデザインに関わり作り上げたロッドがEDGE Pace Makerになります。

アメリカンロッド好きの皆様だけでなく、質実剛健で且つ個性際立つロッドをお探しの方、是非、お立ち寄り下さい。
# by bluepeaks | 2017-02-16 17:36 | EDGE