「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!


North Fork Compositesの魅力を紹介


by bluepeaks

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

ハイブリッドS2(その1)
at 2016-08-29 18:49
ロッドグローブ始めました!
at 2016-08-22 18:26
ノーフィッシュ84日
at 2016-08-18 09:59
夏季休業のお知らせ
at 2016-08-10 12:07
大せんぱいインタビュー
at 2016-07-28 18:40
出荷のご案内;SSR64UL
at 2016-07-28 09:18
SSR64UL受注開始のお知らせ
at 2016-07-01 17:16
グラスファイバーロッドの起源
at 2016-07-01 08:53
ファイバーグラスか、グラスフ..
at 2016-06-30 19:03
個別取り寄せリクエスト
at 2016-06-28 16:48

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
more...

検索

タグ

外部リンク

カテゴリ

全体
ブランク
言葉
エコ
バス
イベント
パートナー
Jカスタム
ベンチャー
自然
ルアー
B.A.S.S.
四方山
カスタムロッド
ガイドシステム
グッズ
トーナメント
タックル
サーモン&トラウト
パーツ
ツール
アパレル
お知らせ
EDGE
フライフィッシング
未分類

記事ランキング

ブログジャンル

釣り

画像一覧

ハイブリッドS2(その1)

S2グラスを使ったハイブリッドグラスファイバーロッドの話について前回この場で取り上げたのが2016年6月24日。早いものでもう2ヶ月も経ってしまいました。その間、着々と準備も進み、だいぶ先が見通せる状態になって来ましたので、そろそろS2グラスの素材特性の話など、少々突っ込んだ話を公開していきたいと思います。

さて、まずはS2グラスと言う素材ですが、これをバスロッドに使用するのは、今回、ノースフォークコンポジットが世界初になります。このビミョーな表現・・・「バスロッド」ってところが実はポイントで、他の魚種(正確には釣法)では既に実績アリです。気になる方はググってみて下さい。きっと数分内で答えに到達出来ることでしょう。

そんなまだまだ珍しいS2グラスですが、素材としてこんな特性を持ち合わせています。

a0183304_17415290.jpg


この図は縦軸がストレス、つまり、外的に加えられる圧力の大きさを表し、横軸がその力による素材の変形率を表したものです。ご覧の通りS2グラスは、カーボンに比べ、同じ力で3倍変形する素材と言えます。

例えば、ストレス値2.5付近で見れば、カーボンの変形率はだいたい1.0%。これに対して、トラディショナルなグラスファイバー素材であるEグラスだと3.8%くらい、S2グラスだと3%くらいです。

これを釣り人的な言葉で言い換えれば、

カーボンロッドほどの張りは感じないけど、従来のグラスロッド(Eグラス)みたいなダルンダルンさはない、

となります。

そう、まさにこの特性を最終的にはロッドの形に落とし込みたいと思っています。何故なら、カーボンにはカーボンの良さがある訳で、これは既に皆さんに十分過ぎるほど理解して頂いていると思っています。じゃ、なんで今グラスよ?と言われれば、時としてカーボンほどの張りはなくてもいいから、同じパワー感で、もうちょっとだけ乗りのいいロッドがあったなら、あの時期の、あの釣りに使えるのに・・・なんて声に答えを出したい、と思っている訳です。

因みにテスト段階でのデータになりますが、HM、IM、SM、そして、S2で同じアクションで、同じようなパワーを出した時、ブランク重量はどうなるか?って言うとこんな感じになりました。

a0183304_1838292.jpg


ただ、今回リリースしようとしているS2グラスのロッドならびにブランクは、ティップからエンドまで、全て純粋なS2グラスで巻いているものではありません。具体的には、S2とカーボン(T800)とのいわゆる「コンポジット」になります。従って、この表の正しい読み方は、S2で重量が増えた分、T800がリカバーして、トータルでSMと同じくらいの重量に収まっている、と捉えて頂きたいと思います。

またまた話が長くなってきたので、今日のところはこの辺で。

次回はマテリアルのコンポジットについて
# by bluepeaks | 2016-08-29 18:49

ロッドグローブ始めました!

ご好評につき、今月より米国ロッドグローブ社のロッドチューブの取り扱いを大幅に拡大することにしました。

今ならキャスティング用、スピニング用ともに全色取り揃えております。

a0183304_1810530.jpg

a0183304_18222321.jpg

a0183304_1823754.jpg

a0183304_18232261.jpg


さらに・・・

合わせてロッドグローブ社が提供する「リールグローブ」の取り扱いも開始しました。

キャスティング用と・・・

a0183304_18234661.jpg


そしてスピニング用。

a0183304_18125699.jpg


一度使えばなるほど納得!

従来まではロッドチューブと言えばバスボートユーザ向きのもの?と考えられがちでしたが、その使い勝手はむしろオカッパリのランガンでこそ生きるもの。

是非、この機会にまずはお一つお試し下さい。

お求めはNFC Web SHOPまで

a0183304_18255056.jpg


http://nfc.shop-pro.jp/

なお、今回販売を開始しましたロッドチューブはロッドグローブ社オリジナルのチューブであり、NFCロゴはプリントしておりません。

また、価格はキャスティング用が税別1,200円、スピニング用が税別1,400円となります。

詳しくはhttp://nfc.shop-pro.jp/で、
# by bluepeaks | 2016-08-22 18:26 | グッズ

ノーフィッシュ84日

ノーフィッシュが84日続いた後、人生最大となるスーパービッグフィッシュを釣る話とくればご存知アーネスト・ヘミングウェイの「老人と海」

a0183304_9253880.jpg


小説の舞台はまさに今この時、8月の後半。

つまり、5月からずっーとノーフィッシュだったことになります。

写真は、先日、お盆で帰省した際、本棚で見つけた一冊。

最初に読んだのは多分中学生の夏休みだったと思う。何故って母親に「そんなに釣りが好きならヘミングウェイくらい読んでおいたら」と言われたようなそんな気がするから。その後、「武器よさらば」、「日はまた昇る」、「誰がために鐘は鳴る」と誰でも知っているメージャーどこを読んで今日に至る、って感じ。だから、特段、ヘミングウェイ好き!って訳じゃないけど、好きなことは好き。

時間を空けて昔読んでた本を読むとそれはそれで新な発見があったり、自分の中での感じ方が違っていたり、なるほど、お笑い芸人の又吉直樹さんが何回も「人間失格」を読むのはこういうことか、と思ったり。

84日間ノーフィッシュでいながら、それでも自分のビッグフィッシュパターンを追いかけるサンチャゴは、今のあなたにどう映りますか?
# by bluepeaks | 2016-08-18 09:59 | 四方山

夏季休業のお知らせ

2016年8月13日から16日まで夏季休業とさせて頂きます。出荷再開は17日からとさせて頂きます。以上、ご承知置き下さい。

a0183304_1265064.jpg

# by bluepeaks | 2016-08-10 12:07 | お知らせ

大せんぱいインタビュー

サマーな表紙な今月号のバサー

a0183304_1750330.jpg


そんなバサーの連載企画「大せんぱいインタビュー」。

世界に誇る日本の釣具を作り上げてきた文字通り「大せんぱい」方を対象としたインタビュー記事。

今月号の「大せんぱい」は、「日本」という括りを飛び越えて、G.Loomis社の創業者にしてノースフォークコンポジットの創業者である、グラファイトロッドの父こと、ゲイリー・ルーミスがバサーの誌面に登場でございます。

a0183304_17512464.jpg


実はこれ、先月、工場に行った際、午後10時にまでおよび行ったロングインタビューが元のネタ。

ロッドビジネス創業以降の話であれば、すでに「ゲイリーの7つのエピソード」にも取り上げているので、皆さま既にご存知ところかと思うので、今回は、それ以前の、それこそ生まれて初めて釣りをした日の記憶から、少年時代のこと、軍隊時代のこと、奥さんとの馴れ初め、さらには、えっ!こんなことまで書いちゃっていいの?とも思える業界の超裏話まで、内容超盛りだくさんでお届けです。

ゲイリーが歩んで来た75年を、深い敬意を払いつつも面白可笑しく書いてくれたのは、業務からの解放感と、ナイススモーリーを釣った満足感ではち切れんばかりの笑みのストロング金澤さん(なぜ、ストロングかは、本誌で確認頂けます)。

a0183304_1881732.jpg


ゲイリーも御歳75歳。

a0183304_1513826.jpg


恐らくこれが日本のメディアによる最初で最後のロングインタビューになるのではないでしょうか。

皆さま、是非、今月の号のバサーをお買い上げ頂き、ご拝読下さいませ。
# by bluepeaks | 2016-07-28 18:40 | 四方山